スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
(;゚д゚)ァ...
学校の忘年会やら、コミケの準備やらしてたら壮絶にクリスマスを見逃した・・・。
2日遅いけどメリークリスマス(´・ω・`)

求人もほとんどなくなってする事が無いので、今年も頑張った自分にご褒美(笑)
として久しぶりにゲーム買いました。

ニンテンドーDS「アヴァロンコード」

預言書とやらを使って敵の性質を書き換えながら倒す。
という一風変わったゲームです。
レビューとか全然見ないで買ったんですが、それなりに楽しめました。
今時のゲームにしては不親切な感じが否めませんでしたが。
まぁ、買おうと思った人のために一応続きにレビューをば
※超長いので注意!

次の更新は31日か年明けになると思います。
それすらも忘れそうですが(ぁ

レックマー>ピンポイントで更新したとは・・・!何か運命を感じませんか。
      感じませんか。(反語)
---------------------------------------------------------------
まず最初に。
このゲームはアクションゲームとしては結構な完成度だと思います。
流石マーベラスエンターテイメント。と言うべきでしょうか。
そう、アクション自体にはまったく文句ありません・・・が。
全体的に、色々と不親切な点に目が行きました。

---------------------------------------------------------------
良い点から

○コード(通り名)システム
ゲームの核となる部分ですね。
プレイヤーは、預言書にコードと呼ばれるテトリスみたいな形をしたモノを、
該当のモンスターや武器のスロットに入れて性質を変化させる事ができます。
例えば、石のコードを入れると『石の○○』という通り名がつき、
武器ならば攻撃力が上がり、敵ならばHPが上がったりします。
また、武器の場合、碑石と呼ばれるモノをスキャンすることで、特定の武器に
変化させられるレシピを得る事ができ、該当コードを入れると、さっきまで
ただの鉄の剣だったのが、突然エクスカリバーになったりします。
これは正直に面白いと感じました。発想の勝利ですね。

○コード操作によるMP減少
こちらは、良い悪いの意見が分かれるかもしれません。
コードを着脱すると、毎度MPが消費されます(多分消費1)
敵を弱体化させる病のコードを使う事で、大分難易度が下がるので、
私は良いゲームバランスだと思いました。
ただ、無敵のコードがある敵が出た時に限ってMP無かったりします(笑)

○装備の反映
コードは防具にもつけられ、防具にもレシピが存在します。
髪飾りとか猫耳とか犬の尻尾とか、天使の羽まであります。
私は女の子でプレイしたので、こういうのが反映されるのは見ていて
楽しかったです。
ただ、イベントシーンにまで反映されるので、着けたままシリアスなイベント
に入ると、ちょっと笑ってしまいます。

○キャラクターの可愛さ
ここは流石にマーベラスですね(笑)
ただ、最近の萌え~に極端に走っているわけでもなく (ほとんど3Dですが)
世界観にしっかりマッチしたキャラクターだと思います。
---------------------------------------------------------------
次に悪い点

●預言書の不備。
せっかく本という媒体なのですから、一覧くらいは表示して欲しかったです。
項目別・種類別に分かれてはいるのに、そこから先は見たい人物や武器の
ページが出るまでペラペラとページ゙めくりするだけ。
せめて、もくじ→項目→種類→一覧→該当のページ くらいやって欲しかった。
また、前述したコードを何度も付け替えたりするのですが、ストックしておける
数が4つと異様に少なく、ストックしてはまた探して入れて・・・。と、
ページを行ったり来たりするので、検索機能が無いのは凄い面倒でした。
多分、プレイ時間の殆どがページをめくる時間かと。

●マップ探索の不自由。
物語序盤でジャッジメントリンク(敵を打ち上げるコンボ)を習得できるのですが、
これのボタン配置がAで、モノ(場所)を調べるボタンと同じ位置にあるのが×。
マップ内で調べられる場所がかなりわかりづらく、また半歩ズレるだけで探索
できなくなったりするので、意味の無いところで打ち上げを行ったり、
敵が目の前にいるのに探索したりと、随分苦労させられました。
※最近面倒なのが嫌いになってきたので、クリア後攻略ページを見て埋めました

●ヒーロー/ヒロインとの恋愛。
正直意味あるのか相当疑問です。
恋人関係になると一部イベントの台詞が変わったり、イベントが追加はされますが、
それでも2、3個程度・・・。
しかもクリア後だろうが本編中だろうが変わらない会話内容。
せめて恋人らしく喋ってほしかった・・・。

●セーブデータの数。
主人公を男女変えられるのに、セーブデータが1個は流石に無いと思いました。
まぁ、容量の関係で1個しか作れないらしいのですが・・・。
恋愛要素を消して一部ボイスを削れば、セーブデータ2個はできると思う。
---------------------------------------------------------------
総評としては 【残念な良作/惜しい駄作】 止まりでしょうか。
探索大好き!ゼル伝風なら全部大好き!
という人にはそれなりに受け入れられると思います。

おぉながいながい
今年初めてどころか、多分ブログで初めての長文。
見難いのは勘弁してね!作文とか全然できないタイプだから!
スポンサーサイト
【2008/12/27 18:13】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<2009年 | ホーム | すっかり更新忘れぐぎゃー!>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://tisiphone.blog52.fc2.com/tb.php/77-362dba77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
とある女学生の奇妙な日記(SP1)


プロフィール

 リィス 

Author: リィス 
色々やってるゲームプログラマー(志望)です。
TW:色々(極姫テチ)
Seal:投げ芸人
WLO:おぜうさま
最近はこの三種類しかやってません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。